トップスポーツ競技力向上の近道

加圧トレーニングウェアを利用

TOP
小学スポーツ
中学スポーツ
高校スポーツ
アスリート体格の違い
加圧トレーニングウェア
加圧トレーニングベルト 名古屋
加圧ウェアベルト購入
加圧申込

高校生時期 スポーツ選手強化


中高成長発育グラフ
高校生
・中学生時期に身長も伸びを持久力が伸びてきた生徒には、瞬発力に力強さを伸ばす。
15歳時期に筋力・骨格系が発達してきます。
・筋力アップ(パワー力アップ)
・瞬発力(素早い動き).
2点が大切になります。
臓器発育グラフ
成長時期には個人差があることを充分に把握した上で個々の適した内容が大切です。
また子供から大人への転換期です。
身体だけを鍛えるだけでなく、精神的メンタル面も大切にして、ひっ飛びの説明だけでなく、充分に理解できるように指導することが、楽しみと達成感をもたせることが大切にして指導すると良いです。


高校生時期

成長期の骨成長のメカニズム

骨端線画像

骨の成長には骨端線が身長の伸びにが左右されます。
骨端線の場所は長骨の両端部分にある骨幹と骨端の境目部分にあり、
成長期の子供の場合は、この骨端線部分に間隔が開いている点が重要です。
骨端線の部分組織は軟骨で生成され骨端軟骨といいます。
骨端軟骨組織は、成長期になると骨の内部で活発に増殖しながら
骨の成長には栄養素を取り込んで骨へと少しずつ変化していきます。
骨端線のある時期に成長ホルモンを分泌多い時期に背が伸びます。
.
 ☆☆男性:17歳から20歳で消滅☆☆
【速い方で高校2年程度で背の伸びが鈍化】

 ☆☆女性:15歳から18歳で消滅 ☆☆
【速い方で中学3年程度で背の伸びが鈍化】】

.


【男子 2013年高校生 身長・体重データ】
区分
H25
身長(cm)
体重(kg)
高校3年間

平均値
標準偏差
平均値
標準偏差
加圧トレーニング

身長差(cm)
加圧トレーニング

体重差(kg)
15歳

168.3
5.95
58.9
10.57
5.7

(3年間)
8.8

(3年間)
16歳

169.9
5.87
61.0
10.37
17歳

170.7
5.77
62.8
10.61
3年間

比較差

+2.4

+3.9

+5.7
*8.8


全日本選手
177〜190


【女子 2013年高校生 身長・体重データ
区分
H25
身長(cm)
体重(kg)
高校3年間

平均値
標準偏差
平均値
標準偏差
加圧トレーニング

身長差(cm)
加圧トレーニング

体重差(kg)
15歳

157.0
5.27
51.4
7.90
1.5

(3年間)
3.0

(3年間)
16歳

157.6
5.30
52.5
7.70
17歳

158.0
5.39
52.9
7.90
3年間

比較差

+1.0

+1.5

+1.5
+3.0


全日本選手
163〜175

スポーツ筋肉動作改善のコンディショニング
2017年高校野球 加圧トレーニング実施高校
優勝校埼玉代表 花咲徳栄高校 
北海道代表  旭川実業
青森県代表  青森山田
岐阜県代表  帝京可児
三重県 宇治山田商
京都府代表  京都橘
奈良県代表  一条
兵庫県代表  市立尼崎
岡山県代表  岡山学芸館
徳島県代表  徳島市立
大分県代表  柳ヶ浦
.
2016年サッカーリーグ
優勝 青森県代表 青森山田高校
女子バレーボール
初出場 宮城県県立 利府高校
全国では、高校の部活動で約60チーム加圧トレーニングを導入されて実力を上げてます。
また、全国大会 都道府県での実力校に変革して活躍してます。