トップスポーツ競技力向上の近道

加圧トレーニングウェアを利用

TOP
小学スポーツ
中学スポーツ
高校スポーツ
アスリート体格の違い
加圧トレーニングウェア
加圧トレーニングベルト 名古屋
加圧ウェアベルト購入
加圧申込

中学生時 スポーツ選手強化


年齢発育グラフ
中学生時期に指導で大切なこと
身長の伸びが様々なスポーツ競技に背の高さは優位になる競技は多いです。
この中学の頃は見た目の身長、呼吸・循環器系の著しく伸びてピーク時になります。
この時期に持久力アップとケガの防止になる柔軟性アップを目指すとよいです。
トレーニングで有酸素運動系を多めに取り入れることにより、呼吸系がシッカリ身に付き、
レース・試合において辛い時期を最後までやりきれる粘り強さが身に付きます。
また、柔軟性を上げることによりケガへの防止になる。

中学時期

成長期の骨成長のメカニズム

骨端線画像

骨の成長には骨端線が身長の伸びにが左右されます。
骨端線の場所は長骨の両端部分にある骨幹と骨端の境目部分にあり、
成長期の子供の場合は、この骨端線部分に間隔が開いている点が重要です。
骨端線の部分組織は軟骨で生成され骨端軟骨といいます。
骨端軟骨組織は、成長期になると骨の内部で活発に増殖しながら
骨の成長には栄養素を取り込んで骨へと少しずつ変化していきます。
骨端線のある時期に成長ホルモンを分泌多い時期に背が伸びます。
.
 ☆☆男性:17歳から20歳で消滅☆☆
【速い方で高校2年程度で背の伸びが鈍化】

 ☆☆女性:15歳から18歳で消滅 ☆☆
【速い方で中学3年程度で背の伸びが鈍化】】

.
成長ホルモンが分泌作用
・骨の成長・・・骨端軟骨組織の骨細胞の分裂・増殖作用を促し。骨の伸長させる。
・筋肉の成長・・・充分なタンパク質(肉・魚)を摂取することによって、タンパク質の合成を促進
.
このメカニズムより、筋力アップ系を主眼にするのは、高校生からがよいでしょう。
なぜなら筋力に伝わる神経系の電気信号の頻度・強度が高まる時期に身につくと年齢到達時期に効果が出てきます。
臓器年齢別発育グラフ
中学生の身体の動かし方を身に付ける時期の身体神経が充実する時期
よって負担の少ない、
・正しい低負荷の筋力トレーニング
・柔軟性アップ
身体神経が充実期で怪我に強い低負荷のトレーニングを行うとよいです。
その点加圧トレーニングが最適です。

【男子 2013年中学 身長・体重データ】
区分
H25
身長(cm)
体重(kg)
中学3年間

平均値
標準偏差
平均値
標準偏差
加圧トレーニング

身長差(cm)
加圧トレーニング

体重差(kg)
12歳

152.3
5.95
43.9
9.7
20.0

(3年間)
15.7

(3年間)
13歳

159.5
7.68
48.8
9.86
14歳

165.0
6.75
54.0
9.97
3年間

比較差

+12.7

+10.1

+20.0
+15.7

【女子 2013年中学 身長・体重データ】
区分
H25
身長(cm)
体重(kg)
中学3年間

平均値
標準偏差
平均値
標準偏差
加圧トレーニング

身長差(cm)
加圧トレーニング

体重差(kg)
12歳

151.8
5.92
43.7
8.05
9.7

(3年間)
10.9

(3年間)
13歳

154.8
5.45
47.1
7.78
14歳

156.5
5.31
49.9
7.51
3年間

比較差

+4.7

+6.2

+9.7
+10.9