トップスポーツ競技力向上の近道

加圧トレーニングウェアを利用

TOP
小学スポーツ
中学スポーツ
高校スポーツ
アスリート体格の違い
加圧トレーニングウェア
加圧トレーニングベルト 名古屋
加圧ウェアベルト購入
加圧申込

一流スポーツ選手体格の違い



オリンピック・世界代表選手等の試合などテレビ等の画面で、試合もさることながら、
無駄の無い筋肉質な身体に思わず目がクギヅケになってしまうことがありませんか?

同じように日本国内で生活してるのになぜ?こんなに違うと思いませんか?
選手も私たちも同じ生活でも、人としては元々全然違い感じてます。

今回運動時の体幹部姿勢・筋肉動作効率を向上と安定
いかに効率良く使うのが鍵になります。
体幹の筋肉は複雑に入交、四肢(腕・脚)の筋肉に繋がります。
体幹部の上には重たい頭があり。首で頭を重心をしっかり支える身体の中心的な役目があります。
また、日常動作時に役立つ持久力・スポーツ動作を高めることにつながるほか、日頃の姿勢を綺麗に見せる上でも効果大
一般に体幹トレーニングは軸づくりとも言われます。
マラソンのフォームで軸をしっかりすることで、変化があります。 width="540" height="394" border="0"> ランニングフォーム側面
ランニングフォーム正面
競技につかう筋繊維が効率が良く稼働して能力アップします。
早く走る時間を取りたいランナーにとっても効率よく鍛えることができるおすすめトレーニング法です。
理想フォーム改善にポジティブモションハーネスを推奨

今回どのくらい違うのか?
アスリート選手の種目・男性・女性別からと
やはり女性の方には気になるミス・ユニバース候補等の体脂肪率を調べてみました。

スポーツ選手種目別 理想体脂肪率

ス ポ ー ツ 種 目
体脂肪率 (%)
男性
女性
野球・ソフト
8〜14
12〜18
バスケット
6〜12
10〜16
ボディービルダー
5〜8
6〜12
サイクリング
5〜11
8〜15
ゴルフ
10〜16
12〜20
体操
5〜12
8〜16
トライアスロン・マラソン
5〜12
8〜15
スケート
5〜12
8〜16
スキー
7〜15
10〜18
スキージャンプ
7〜15
10〜18
サッカー
6〜14
10〜18
水泳
6〜14
10〜18
テニス
6〜14
10〜20

一般人
20
30
ミス・ユニバース候補

19〜23

アスリートの体脂肪率は一般人と比べてかなり低いことを表しています。
男女とも、アスリートスポーツ選手の人々は一般の人と比べて平均的に10%程度低い体脂肪率になっています。
一般の男性は体脂肪率が20%くらいなのに対してアスリートは約10%
身体のわずか1割。
体重は十分に重いのに、脂肪はほんの少しかありません。
残りは、ほとんどが筋肉と骨と内臓器官と脳です。
鍛えられたボディーを魅せるボディービルダーはナント体脂肪率が5%を切る
普通スポーツを極めてない方と同じ体重でも中身が違う、アスリートは体脂肪率が低い!!
と表示してどれくらい差があるのか、数値で実感していただけましたか?

<見た目的にはどこが違うか>

同じ体重でも中身が違う=体脂肪率が低い(筋肉が多い)ことはもう常識的にもわかっていたことです。

では、見た目的にはどこに大きな差が生まれてくるのか、かなり大雑把ではありますが、上腕・ウエスト・ふくらはぎの
3箇所の太さも比べてみました。そもそも体格の違う人同士を比べてもあまり意味がありませんので、
「身長体重のバランスが同じ」人達だけのデータで平均値を調べ比較しました。
図2の表を見てください。
アスリート&一般男性


アスリート
一般人
体脂肪率平均値
10.3%
21.9%
ウェスト平均値
70.7cm
78.6cm
上腕周囲平均値
28.6cm
27.0cm
ふくらはぎ平均値
38.7cm
36.2cm

男性アスリートの差
男性も同じ身長体重でも体脂肪率に10%以上差があります。
ウエストもアスリートの方がずっと細く引き締まってます。
ウエスト以外はアスリートの方が統計的に有意に太くなっています。
男性の場合は腹部は引き締まりますが腕や脚は筋肉が鍛えられた分、
発達して太くなってX字体型になるようです。


アスリート&一般女性


アスリート
一般人
体脂肪率平均値
19.1%
30.3%
ウェスト平均値
59.5cm
69.3cm
上腕周囲平均値
23.6cm
24.7cm
ふくらはぎ平均値
32.0cm
34.8cm

女性アスリートの差。
一般女性とアスリートとの比較ですが、体脂肪率に10%以上差があります。
ウエストも約10cmもアスリートの方が細く、
上腕(二の腕)やふくらはぎもアスリートの方が全体に細くスリムになってます。
アスリートになると気になる方が見えますが、
実際にムキムキに筋肉が太くなるかというとそうではなくて、女性特有の女性ホルモンの働きで、
引き締まってスリムになる傾向が表からでも明らかになってます。
たとえ同じ身長体重でもアスリートの女性はウエスト、ふくらはぎ、ヒップも普通より細くピシっ
と綺麗なボディーは筋肉が充分ボディーを引き締めてことです。
まさにメリハリのボディーの極意だ。
.
近年はアメリカ・日本のオリンピック選手
高校野球でも取り入れ基礎体力のアップに役立ってます。
技術の前には基礎体力の差が歴然の違いを生みます。
プロスポーツ選手に加圧トレーニングを取り入れ、活躍している。
その秘訣にはパフォーマンス、筋力アップ以外にも無駄な脂肪を減らせることだ。
さらに、持久力向上によって身体機能向上が秘訣だ。
.
.
日本・世界等オリンピック選手 加圧トレーニング導入選手
スキージャンプ(レジェンド) 葛西紀明選手
カンボジア代表マラソン選手・お笑いタレント 猫ひろし選手
ソチオリンピック アメリカスキージャンプ選手 トッド・ロドウィック(Todd Lodwick)
アテネ金メダル・リオデジャネイロ五輪銀メダル 世界陸上2017年100m優勝(ウサイン・ボルト選手を抜き優勝)
ジャスティン・ガトリン(Justin Gatlin)選手