フォーム効率を上げ、無駄な動きを減らす

運動時に体幹部の軸を支持

HOME | run_form

 

体幹の中心を身に付ける

無駄な動きをなくす! 

身体の体幹のコアを安定させ、維持をする。

ランニングフォームは大丈夫

フォームが悪い例

体幹の筋肉は複雑に入交、四肢(腕・脚)の筋肉に繋がります。
体幹部の上には重たい頭があり。首で頭を重心をしっかり支える身体の中心的な役目があります。

また、日常動作時に役立つ持久力・スポーツ動作を高めることにつながるほか、日頃の姿勢を綺麗に見せる上でも効果大

体幹部維持する。


ポジィテブモーションハーネス


ポジティブモーションハーネスを運動・スポーツトレーニング時に導入されると、体幹が整うと体にまっすぐ一本の線ができあがったような感覚になります。
動作姿勢が装着前までは緊張状態の筋肉を緩め、無駄な動きをした筋肉が低減します。
体幹姿勢と中心的な筋肉の動きが効率が良くなります。
腕・脚の動作にダイナミックに起点になり、安定性と素早さ、確実性の動作がアップに貢献されます。
よって、静止時でも動作時でも姿勢が整い、効率的な動きができます。
トップアスリート選手がスポーツで上肢や下肢を効率的に動作させるには「体幹部の強化・安定性が鍵」になります。
スポーツ動作の力伝達の源が体幹に在り、それがストレスなくスムーズに上肢や下肢に伝達することで、アスリートの怪我を予防し、パフォーマンス向上に繋がるからです。プロ選手がベストパフォーマンスを生み出す鍵がここにあるのです。
.
スポーツを楽しむためには健康な身体が必要です。
プロの世界でも身体の故障は選手生命を脅しかねません。
スポーツを楽しむためには健康な身体が必要です。
プロの世界でも身体の故障は選手生命を脅しかねません。
日々身体との対話が必要であり、少しの変化にも機敏に対応することは見習いたい点です
その対応力とは…ズバリ、トレーニング前後のコンディショニングの習慣化にあります。
身体の声を聞きニュートラルな状態に戻す事の重要性を知っているか否かで勝負が決まると言っても過言ではありません。
その上で身体を鍛え精神力を磨く。万全を期し挑戦を続けることはプロ選手に限った事では無く、、人生を謳歌したい私達にも共通します。
コンディショニングを通して自身の身体を見つめ、日々の良好な心身バランスを整える手段として最適です
予約問合せ予約問合せ
マイベストプロ愛知朝日新聞がお勧めするマイベストプロ愛知朝日新聞がお勧めする
加圧インストラクター資格取得加圧インストラクター資格取得
kaatsu cycle一般向kaatsu cycle一般向
ウェルエイジングベルトウェルエイジングベルト
加圧トレーニングウェア加圧トレーニングウェア